shimin of 医療メディエーター協会

top[1].jpg

市民・患者の方へ

「患者・市民と創るメディエーション(PCM)」 プロジェクト


各市民団体・患者団体の記事・HPへは、上のタブをクリックしてください。

日本医療メディエーター協会では、患者・市民の皆さんと医療者・医療機関とのよりよい関係を構築していくために、メディエーションの普及・活用に努めています。メディエーションは、アメリカやイギリスでは、学校で子どもにも教えられていますし、近隣トラブルや、家族トラブルなど、さまざまな場面で用いられています。医療の現場でも、終末期医療の意志決定、インフォームド・コンセント、日常診療の小さな問題修復など、さまざまな場面で応用されています。メディエーションを知ることは、医療事故が発生したような場合だけでなく、医療のさまざまな場面で、市民・患者の方が、よりよい患者=医療者関係を築いていくために有益です。

そこで、現在、いくつかの市民団体、患者団体と皆さんと協働して、メディエーションの様々な場面での応用の可能性を模索しています。メディエーションをキー・ワードに、患者・市民と医療者との良好な関係を構築していけたらと、これらの活動を「患者・市民と創るメディエーション(PCM)」プロジェクトと名づけ、推進しています。

チャイルド・ケモ・ハウス
大阪大学小児科の楠木重範先生を中心に、小児がん患者の子供たちや親の方々、医療者が一緒に活動しているNPOです。東京会の中西理事がメディエーション研修を一緒に実施し、親の方たちからも医療者からも、コミュニケーションの向上に役立つとして評価していただいています。

知ろう!小児医療、守ろう!子供達の会
関東を中心に小児科医療を守るために、お母さんたちへの相談や知識の向上を目指して活動している皆さんです。子供の症状に不安になったお母さんと医療機関の間に入って、メディエーション・マインドとつながる新たなモデル構築へつながればと思っています。赤ちゃんたちも一緒にメディエーションの研修を実施ました。

県立柏原病院の小児科を守る会
兵庫県の県立柏原病院と連携し、小児科医療を守るために、お母さんたちへの相談や知識の向上を目指して活動している皆さんです。子供の症状に不安になったお母さんと医療機関の間に入って、メディエーション・マインドとつながる新たなモデル構築へつながればと思っています。柏原でメディエーション研修を実施しました。

地域医療を育てる会
千葉県東金地域で、市民と医療者がともに地域医療を守ろうと活動している会です。定期的にメディエーション研修を、一緒に企画し、プログラムを工夫し、実施しています。市民・医療事故体験者・医師・看護師が一緒になってメディエーションの研修をしています。研修医を対象にした研修実施も検討中です。

ICD 友の会「埋め込み型除細動器患者会」
心臓に埋め込み型除細器を埋め込んでいる患者さんの会です。医学的観点から埋め込みを勧める医療者、それぞれの生活環境の変化から不安にとらわれる患者さん、その間に別の患者さん自身が入って、対話を促進していこうと取り組んでおられます。その状況に適した研修のプログラムを協働で模索しています。


なぜ、医療メディエーター認定は、医療機関スタッフ限定なの?

これは次のような理由によります。

わが国の弁護士法は、弁護士以外の者が法律業務に従事することを禁じています(72条)。法律業務には、紛争解決業務が含まれます。したがって、第三者医療メディエーターとして、院外の者が医療事故紛争にかかわると、この弁護士法に抵触するおそれがあります。また、そうした資格を認定することは、あらぬ誤解を招きかねません。そこで当協会としては、院内医療メディエーター認定を、院内の病院職員に限定せざるを得ないということになります。院内のスタッフが、メディエーション技法を応用しつつ、患者さんと医療者の関係再構築を支援する場合には、示談交渉の一変型ということになり、弁護士法との抵触の問題はなくなるからです。

しかし、患者・市民の方が医療をめぐって関わる上記のようなプロジェクトは、紛争・法律業務とはまったく異なります。そこで、新たな名称を工夫し、患者・市民と医療を結ぶ活動を支えて生きたいと考えています。