JAHM第12回年次大会
救急医療とメディエーション:その可能性と課題


定員に達し募集を締め切りました。

日時: 2019年7月14日(日) 13時25分~16時30分 
場所: 早稲田大学3号館6階601(正門入ってすぐ右手)
(会員限定、参加無料、定員200名)

救急の現場は、患者家族は心理的にも混乱し、医療者も多忙を極め、十分な対話の時間を取れないことが多いかと思います。しかも、重大な意思決定が必要な場面も頻繁に生じます。こうした状況で、メディエーションスキルは有益な支援になるかと思いますが、他方、事故後の対応とは異なる課題も多くあると思います。厚生労働省では、「入院時重症患者対応メディエーターに関する研修検討委員会」が設置されるなど、メディエーションスキルの可能性について積極的に検討されています。今回は、この救急現場における医療メディエーションの可能性と課題について考えます。

参加方法
参加希望は下記をクリック。同じ施設から複数参加の場合も個人ごとに個別にフォームで申込みをお願いします(申込にはパスワードが必要です。会員メールにて送ります)。
申込締切:7月7日(ただし、それ以前でも定員になり次第締切ります。)



開場 13:00

13:25 開会挨拶

13:30~14:10
入院時重症患者対応メディエーターについて
三宅康史(帝京大学救命救急センター長)

14:10~14:50
救急・災害医療におけるメディエーションの可能性と限界
須田志優(岩手県立磐井病院第1麻酔科長)

14:50~15:30
救急患者家族への意思決定支援とメディエーション
高橋恵(北里大学附属病院)

(休憩) 15:30~15:40

15:40~16:30
パネルディスカッション
司会 鈴木義彦(自治医科大学メディカルシミュレーションセンター)
パネラー 三宅康史、須田志優、高橋恵


16:30 閉会挨拶