第8回シンポ Copy Copy of 医療メディエーター協会

JAHM第9回年次大会
「臨床倫理」と医療メディエーション

会場定員に達し締切りました。
当日参加は出来ません。

日時: 2016年7月24日(日) 13時30分~17時20分 
場所: 早稲田大学大隈講堂小ホール (定員200名)
参加無料

臨床倫理が問題となる場面で、医療メディエーションを活用する動きが米国でも盛んになりつつあります。今回は、臨床倫理の基本と現場での活用、法的観点からの課題、米国での臨床倫理メディエーター養成の実態、およびそのインシデントやアクシデント発生時の対応への応用も含め議論します。

会場定員に達し締切りました。
当日参加は出来ません。
Memo.png


プログラム
「臨床倫理」と医療メディエーション

13:30~14:10
 「現場実践に活かす「臨床倫理」の考え方
-臨床倫理コンサルテーションの現状と課題-」
  宮崎大学大学院教授 板井孝壱郎  
14:10~14:50
 「判断能力低下・喪失と意思決定の方法」
  弁護士・医師 山崎祥光
14:50~15:20
 「新生児医療をめぐる倫理と法」
  弁護士・医師 神田知江美

15:20~15:30 休 憩

15:30~16:00
 「臨床倫理メディエーションーペンシルバニア大学の研修を受けて」
  山形大学教授 中西淑美
16:00~16:20
 「臨床倫理のインシデント・アクシデント場面への応用」
  早稲田大学大学院教授 和田仁孝

16:20~17:20
 パネル・ディスカッション
 「臨床倫理と医療メディエーション」